※検索エンジンなどから直接このページに来られた方は
「労働者名簿ダウンロードページ」へ
※OFFICE2000/2003 + XPで稼動確認をいたしました。

<利用方法>


※EXCELファイルの最初の行はタイトルですので、そのままご利用ください。
※2行目以降はテスト用に作成しております。実際に利用するときは消してからご利用ください。


【共通手順】
(1)ダウンロードし解凍します。ダウンロードした「ワード」と「エクセル」のそれぞれのファイルを同じフォルダに入れておきます。
  (初期時は「labor_list」が作られ、そこに2つのファイルが入っています)
  ※EXCELファイル「労働者名簿入力.xls」を開き、例に沿って内容を入力します(ただし、下記動作確認後をお勧めいたします)
(2)「ワード」ファイル(labor_list.doc)を開きます。

※次の手順はワードのバージョンによって異なります。

■マイクロソフト オフィス2003/XP
(3)「ツール」→「差し込み印刷」を開きます。


(4)文書の種類を「レター」→「ひな形の選択」へ進みます。


(5)ひな形の選択「現在の文書を使用」→「宛先の選択」


(6)宛先の選択「既存のリストを使用」→「レターの作成」
(7)別ウインドウが立ち上がりますので、ファイルの種類「Excelファイル」、このファイルがあるフォルダで「労働者名簿入力.xls」を選択して「開く」を押します。


(8)画像のとおり選択して「OK」を押します。


(9)特に問題なければ、そのまま「OK」


(10)そのまま、一番下の「次へ:・・・・・」をクリックしていきます。


(11)差込印刷ツールバーで、必要な従業員へ移動するなどして、印刷することができます。






■マイクロソフト オフィス2000
(3)「ツール」→「差し込み印刷ヘルパー」を開きます。

(4)下の画像のとおり、設定してきます。


(5)「作業中のウインドウ」をクリックします。


(6)ファイルを開きます
※注意:「エクセル」ファイルから選択します。


「労働者名簿入力.xls」を選択します。


(7)差し込みの表示をしたり、印刷する場合には、下のボタンを押してください。







※検索エンジンなどから直接このページに来られた方は
「労働者名簿ダウンロードページ」へ