優秀な人材を最適な費用で獲得〜求人広告価格と人材情報(5000名/月間)を公開中〜

求人サイト:人材採用しごとナビ 求人サイト:人材採用しごとナビサイトマップ 求人サイト:人材採用しごとナビサイトマップ 求人サイト:人材採用しごとナビサイトマップ

求人広告作成

「しごとナビ」求人広告作成について。 - 求職者を集めるために -
求人企業様によりよい求人広告を作成していただくために、求人広告作成のポイント・注意点をまとめさせていただきました。

 ≫ [2]、 「載せたくない」広告に「応募はない」
 ≫ [3]、 魅力と虚偽
 ≫ [4]、 広告を使い回す
 ≫ [まとめ]、 いい人が採用できる求人広告

[1] 採用担当者にとって、少しでも興味を持った求職者からは連絡が欲しいと思います。
広告では伝えきれない魅力があったり、伝わりにくい内容で思い違いをさせたりするぐらいなら「まずはお問合せを!」と思うかもしれません。

しかし、求職者にとってそれが必ずしも良いとは限りません。

仕事情報サイトで仕事情報を探している求職者は、自分の希望する条件に一致する求人情報を見て回ります。その数は少ないものではなく、仕事情報数が多ければ多いほど自分の希望によりマッチした仕事を探し回ります。

求職者が見て回ったいくつかの仕事情報の中で、『雇用条件が詳しく記載されている求人広告』『簡単な業務内容の記載のみで「詳しくはお問合せ」という求人広告』どちらが好印象をもたれるでしょうか。

求職者の企業選びはシビアで、もっとも魅力を感じた企業から順に求職活動を行います。
そして、その魅力は自分の希望にマッチした求人広告から感じるのです。

『魅力を伝えきれず、求職者に選ばれない企業』にならないよう、「詳しいことは求人広告」で伝わるよう広告を作成しましょう。

▲上へ
「載せたくない」広告に「応募はない」

「高い給与が出せないため、求人広告に給与を載せると応募がないのではないか。」
「同業他社に給与金額を知られたくないので表記したくない。」
など、意外と求人広告に掲載したくない事柄がある企業は多いようです。

確かに、掲載することによって魅力を感じる人が少なくなってしまう事柄はあります。
しかし、掲載しないことによって応募はなくなることでしょう。
求職者にとって企業選びの条件である広告の掲載内容がないのですから、選びようが無いのです。
仮に、採用が決定したとしても「聞いていない」と不信感を抱かれます。

「載せたくない」項目がある企業へ、求職者は「応募したくない」のです。
雇用条件や給与形態など詳しく記載することにより、初めて求職者の応募企業候補にあがるのです。

▲上へ
魅力と虚偽

求人広告は、魅力のあるものを作成したいものです。
給与額や立地、福利厚生など企業それぞれのアピールポイントがあると思います。

求人広告に嘘を掲載する企業はそう無いと思いますが、以下のような場合はどうでしょうか。

「給与は『月額:固定給20万円+歩合』で、歩合の平均が15万円なので『月額給与35万円』と記載したい。」

確かに、歩合の平均が15万円であれば半分以上の社員が給与35万円をもらっているかもしれません。しかし、それは給与として必ずもらえる額ではありません。
『月額給与35万円』と求人広告に掲載されていたら求職者は35万円を最低額と認識するでしょう。
求人広告と実務内容に明らかな違いがあると法的に罰せられてしまう可能性があるのでご注意ください。

この場合、給与の記載は『月額:固定給20万円+歩合』としておくべきです。

「魅力的な求人広告を掲載しようとして、いつの間にか虚偽の求人広告になっていた」なんてことのないよう気をつけてください。

▲上へ
広告を使い回す

数ある求人サイトを複数利用している場合や、利用していたサイトの効果が期待できないので別のサイトを利用する場合など、「求人広告を使い回したい」「同じものを掲載すればいい」ということがあると思います。

広告の作成は文章や画像の準備が手間になりますし、同じ職種を募集するのであれば求人広告の内容を変える必要はないかもしれませんが、この場合気をつけなければならないのが「著作権」です。

工夫を重ねた文章、写真やイラストなどは十分著作権の対象になります。

求人広告の文章を求人サイト側が作成し、他サイトでその文章を転載すると著作権の侵害となる可能性は十分にあります。

著作権には作成者のオリジナリティが必要になるため、場合によって判断は変わってきますが、流用・転載をする場合は例え一部であっても作成者に使用許可を得ることが必要になります。

▲上へ
いい人が採用できる求人広告

工夫を凝らした求人広告を作成して、たくさん応募がくるようになったのにすぐ辞められたら意味がありません。応募がたくさんこなければ、尚更辞められるのは困ってしまいます。

辞めてしまう人にはそれぞれ理由がありますが、大抵の場合「労働環境」「人間関係」「雇用条件」などに原因があります。根本原因を改善しない限り、同じ理由で辞められてしまいます。

企業によって改善が必要なポイントは違うとは思いますが、求人広告や面接などの就業前に予め言っておく事により問題が解消される場合もあります。
新入社員は期待と不安を抱えて入社してきます。就業前に聞いていなかったことや、聞いていた事と違うことがあると期待が不満に変わりすぐ辞められてしまう原因に繋がるのです。

『いい人が採用できる求人広告』とは『実態がキチンと表記された求人広告』であり、募集条件に納得して就職した人がその通りの職場環境で働けることが大切なのです。

▲上へ



求人広告の掲載、または資料請求などお気軽にお問合せください。